WEEKLY (THINK)

peelの週報。
スタッフの日常×クリエイティブシンキング

ILLUSTRATED BYFarubi

2024.01.22 99 views

ととのう時間

子どもを授かり、洋裁が趣味になったお母さんが、私の周囲に結構いる。かくいう私もそんな一人だ。

 

大人服はハードルが高い。微妙なサイズ感や、肩まわり襟まわりのしつらえの良し悪しなどで、その服が「着れるものになるか」が左右されるからだ。

 

一方、子ども服はというと、多少の荒っぽさや失敗も愛嬌となる。型紙さまさまなのだが、素人でも、まぁ可愛くなる。だから、子ども服を機に洋裁にハマるお母さんは多いのかもしれない。

 

そんな洋裁ブームも、育休明けとともに下降線を辿っていたのだが、先日ふと、自分のパジャマのゴムを変える気になった。

 

針と糸、リッパーなどを出してちまちま作業していると、日々のごたごたしたことが一気に片付いたような感覚を味わった。サウナ通の人たちがいうところの「ととのう」。たぶん、アレが訪れた。ただ、ゴムを変えただけなのに。

 

パジャマのズボンが私のお腹に無理なくフィットした瞬間、何かが「ととのった」。子ども服を作っていた頃に感じていた、単なる四角い布が子どもの体を包み込む「服」となっていく、あのここちよさが蘇ってきたのだ。

 

この「心がととのう時間」の効能たるや。

 

夫がボディソープの詰め替えをハンドソープのボトルに詰めたとて、夫が保育園の防水シーツを布団の裏側にセットした日に限ってお漏らしされ、布団一式全部持って帰る羽目になったとて、「なんてことないわ~」と受け流す心の余裕をもたらしてくれる。

 

この私だけの「ととのう」時間があれば、気持ちがとっ散らかった時も持ち直していけるのではないか。

 

次の休みは重い腰を上げて、型紙を写し取るところから始めてみよう。

 

ミシンに被った埃を拭うと、心なしかミシンも「ととのった」ように見えた。

SHARE :

アバター画像

WRITTEN BY miyaP

子育て中のデザイナーです。ゆる〜く、ソーイングするのが趣味です。

WEEKLY (THINK)